タオルウォーマー 設置の注意-タオルヒーター専門店「タオルウォーマー net」

PS HR(E)タオルウォーマー取り付け時の注意点 ~快適にお使いいただくための4つのお願い~

PS HR(E)タオルウォーマーを正しく安全にお使いいただくためには、設置場所を確認する必要があります。ここではご購入前にチェックしておいていただきたい、本体取り付けに関する注意事項をご紹介いたします。

STEP1 PS HR(E)タオルウォーマーの取り付けタイプ

デザイン性に優れた本商品は、設置スタイルにバリエーションがあります。天井と床で支持するタイプや、壁面に対して横に据え付けるタイプは、空間の間仕切りとしても利用できて省スペースでの設置を可能にします。お客様の描かれる夢の空間実現のため、色やデザインだけでなく、大きさや設置の方法もイメージしてみてください。一見PS HR(E)タオルウォーマーの設置は難しそうに思える空間にも、検討してみたらぴったりということもあります。

※天井支持タイプは特注品となります。詳しくはお問い合わせください。

TSN・TST・YUCCA-YAE 横壁支持タイプ

STEP2 設置の際は本体上部50mm 下部70mmのスペースが必要です

設置する本体の上部に50mm、下部に70mmのスペースを確保するのは設置の最低条件です。PS HR(E)タオルウォーマーはタオルを掛けて乾かすことができますから、当然タオルが床に着かないよう、設置場所は充分な高さを考慮してください。あらかじめタオルを掛ける位置や掃除の時に邪魔にならないかチェックされると良いでしょう。また暖房効率が低下することにつながりますので、家具は本体の前面より100mm以上離してください。

STEP3 設置する壁材によっては補強をする必要があります

取り付けは、壁または床・天井に金具をビス止めし、製品本体を固定することで行います。壁材によっては簡単に取り付けられない場合があります。また本製品は重量があるため、石膏ボードや土壁など壁そのものに十分な強度がない場合は、補強する必要がでてきます。

STEP4 スイッチボックスに直接水がかかる場所には設置できません

漏電・感電の原因となるため、スイッチボックスに直接水のかかるような場所への設置はご遠慮ください。またコンセントは、アース接続をお願いいたします。湿ったタオルや下着をかける場合は、ビショビショのまま掛けるのではなく、水滴が垂れないようによく絞ってからご使用いただくようお願いします。

STEP5 スイッチボックスに直接水がかかる場所には設置できません

製品ごとに定められた天地があります。誤って取り付けた場合は製品本来の働きができないためあたたまりません。ご注意ください。

  • FAXフォーム
  • お問い合わせフォーム
FAXフォーム
  • PS HR(E)タオルウォーマーってどんなもの?
  • PS HR(E)の安全性
  • PS HR(E)タオルウォーマー節電活用術
  • PS HR(E)タオルウォーマー取付時の注意点
  • PS HR(E)タオルウォーマー施工例集
  • PS HR(E)タオルウォーマーってお客様通信